期間工の求人は基本的に大量採用である

通常の求人は、欠員となった人数を補充するか、あるいは、常に募集していて優秀な人間だけ採用するスタイルです。しかし、期間工は短期間の契約ゆえ、一定期間ごとに大量採用をするケースが一般的であり、求人が出た時に応募すれば高い確率で採用されます。工場では多くの人間が働いており、製品を作っている生産ラインは交代制で常に従業員が張り付いています。そのため、ラインで作業する人間を十分に確保できなければ、生産計画にまで大きな影響が出てしまうのです。

本来ならば、その会社が求めている水準に達しなければ採用されないのですが、期間工の求人に限っては日本語が分かって健康であれば働けます。逆に言えば、新人への教育制度と仕組みが整っているので、期間工として働いてもらう分にはあまり人材の質にこだわる必要がない状況です。あまり深く考えすぎずに応募して、採用後にすぐに住み込みで働けるのが、期間工の求人の大きなメリットとなっています。しかし、いくら大量採用が基本とはいっても、常に動き続ける現場で働くには基礎体力と気力が必須であり、健康上の問題があるなどの場合は不採用になってしまうので気をつけましょう。

比較的採用されやすく、かつ、すぐに衣食住を確保できるメリットはあるものの、期間工の求人だけを当てにするのは危険です。契約延長は場合によって可能ですが、それでも一定期間で満期を迎えてしまうので、その後の身の振り方を考えつつ計画的に働くべきです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*