期間工求人は正社員と変わらない?

期間工求人の待遇は、正社員と変わりません。それどころか、新人のうちの正社員よりも待遇がよいことも多いです。月収は30万円を超えることもあり、さらに6ヶ月ごとに30万円ほどの報奨金がもらえることもあります。また、入社祝金として10万円程度がもらえることもあります。

このように、給料だけなら正社員とかわらないどころか、入社して数年しか経っていない正社員よりも高い給料がもらえるケースもあります。派遣とは違い、メーカーとの直接契約となるので、充実した福利厚生が受けられることもあります。しかし、期間工求人は期間の定めのある契約社員という扱いなので、契約期間が過ぎると失業してしまうというリスクがあります。6ヶ月が経過しても必ず失業するとは限らず、契約が更新されることもあり、1年、2年と働いている人もいます。

しかし、これは会社の都合によるものなので、会社の都合によっていつでも契約が終わってしまうということでもあります。契約期間中は正社員と同じで、正当な理由がなければ解雇されることはありません。契約が続いている間は安定して仕事ができます。しかし、契約が終わった段階では契約が更新されるかどうかは本人の能力と会社の都合次第です。

この点で定年まで働くことが予定されている正社員とは大きな違いがあります。また、部長や係長といった役職につくことはできませんので、給料が高いといってもあくまで一般職レベルということは忘れてはいけません。短期でがっつり稼ぐなら期間工求人はおすすめですが、やはり将来のことを考えるなら、正社員を目指すべきでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*