スーツはフォーマルウェアの代表格

スーツというのは、いわゆる背広のことです。ジャケットとスラックスが一揃えになったものであり、中にシャツを来てネクタイをつけるのが一般的です。現在ではビジネスシーンで正装として扱われていて、冠婚葬祭の場でも成人男性はスーツを着ることが多くなっています。女性用のものはレディーススーツといい、パンツタイプとスカートタイプの二つがある点が男性とは違っています。

縫製技術の発達によって、値段も非常にお買い求めやすくなっています。大手紳士服点なら、一着一万円台でも購入ができ、二着買えばさらにお買い得になるサービスを展開しているところもあります。オーダーメイドでもそれほど高価にならないので、自分だけの一着を作るのもいいでしょう。ビジネスシーンではどういったスーツを着用しているかで、相手の見る目も変わります。

きちんとした相手と話し合いをするのなら、スーツもきちんとしたものを用意しなくてはならないのです。シングルタイプやダブルタイプと、デザインが同じようで微妙に違っているので、個性も演出可能です。一般的なフォーマルウェアとしては使い勝手もよく、世界中で大勢の人たちに愛用されています。もちろんブランドものの製品なら非常に高額になるために、一般人にはなかなか手が出ない場合もあります。

昔は夏場も暑い中着ていなくてはならない服装だったのですが、近年ではクールビズが導入されているので夏場には上着を着なくてもビジネスマナー違反にはなりません。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*