スーツの着こなし方について

スーツは社会人の勝負服でありユニフォームとして認識されており、ほとんどの仕事で着用することが多くなっています。また、仕事以外でも冠婚葬祭で着用することが多く、特に男性の場合は外出する際はスーツであるという認識が強い部分があるようです。そんなスーツは着こなし方によって印象が大きく異なっており、きちんと体のラインにあったものを身につけておかないと不恰好になってしまい、印象が悪くなります。逆に言えばきちんと体のラインにあったものを身につけることによって清潔感やスマートさを印象付けることが出来るようになるので、取引先などとのプレゼンでも好印象を与えることが出来るわけです。

では、実際にどのように着こなすことがいいのかというと、選び方にいくつかのポイントがあります。その前提条件として自分のサイズを把握しておくことがあり、そこからいくつかのポイントを抑えていく必要があります。まず肩幅はまわりに重みが均等だと着こなしやすく、ぴったりと合わせることによって軽い着心地が実感できます。袖口はシャツが少し出るくらいにしておくと綺麗に見えますし、胸周りは手のひらが入るくらいの厚みにしておくと適度な厚みとなっています。

Vゾーンの合わせから手を入れて確認することが出来るので、余裕があるかどうかを確認します。そして誰もが気にしがちなウエストはきっちりするよりも少し余裕がある程度の方がよく、軽く手が入る程度の余裕を持っておくといいと言われています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*