スーツは特別なときに着用する服になること

最近のスーツは昔と比較したらおしゃれになってきています。その要因のひとつにクールビズやウォームビズといった、くだけた形での勤務が可能になったことがあげられます。ネクタイを外すのはもちろんのこと、最近では官公庁でもYシャツではなくポロシャツでの勤務も可能になっています。そうするとスーツの上下自体を着る機会が減ってきます。

ポロシャツにそれにあったズボンを着用するような、一見私服のようなスタイルで勤務ができるようになってきたのがスーツ離れのひとつの背景にあります。しかし対外的に仕事をしている営業職のような人は、従前とかわらず着用している人が多いです。それはまだ全職場が同じようにその制度を取り入れているわけではないの、取り入れられていない取引先にクールビズ等の格好で訪問することが失礼にあたることになるために、無難にスーツを着用しているというのが本音です。全職場が広く取り入れることになれば、現在のクールビズ等といった格好での営業も可能になります。

暑いさなかにスーツ姿で営業で走り回る人を見ていること自体、暑苦しいと感じることもあり、早く全職場で定着することが、働く全ての人がクールビズ等の制度を享受できる体制になるといえます。毎年浸透している制度は多くの職場に広がりつつあり、結婚式や葬儀といった冠婚葬祭、また会社にとって重要な行事や株主総会等といった場合にのみ着用して、普段は温暖化を抑えるような実用的な服装で働くというスタイルに変わりつつあるのは事実です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*