初心者向けの格好良いメンズファッション

メンズファッションに興味を持ち始めた初心者の頃は、何を選んで何を工夫すれば良いのか、わかりにくいものです。そこで、ここでは初心者向けの格好良いメンズファッションの1例として黒ずくめを紹介します。黒ずくめは誰でも格好良くしやすいコーディネートの1つですから、格好良く見せられる簡単なコツをいくつか把握しておきましょう。まず、アイテム選びをしっかり行う事です。

もし、Tシャツとデニムでコーディネートするのなら、上下共に細身の輪郭になるよう注意しましょう。上下共にゆったりした輪郭になると、だらしなく格好悪いイメージになってしまいます。ポイントはTシャツの袖の長さと太さ、そしてデニムの丈と裾幅です。Tシャツは袖が短く細い物を選びましょう。

腕が長くたくましく見えますので、男らしくがっしりしたスタイルに見えます。デニムの丈は靴下が少し見える程度がおすすめです。靴下に白黒の柄物を選ぶと、良いアクセントになってオシャレに見えやすくなります。そして、裾幅はかなり重要なポイントです。

ここが細いと全体が細くスタイルが良く見えます。既製品のデニムは格好良く見える裾幅より太い事が多いので、洋服のお直し店に頼んで1~2cm程度詰めてもらうと良いでしょう。数字の上では僅かな違いですが、見た目の上では印象が大きく異なります。ファストファッションで販売されている廉価なデニムでも、裾幅を少し詰めるだけで見栄えが大きく向上するものです。

靴の選び方も覚えておきましょう。黒い革靴のように、細身で甲の低いものを選ぶのが重要です。ここの選択を誤ると詰めが甘くなり、いまいちな印象になってしまうので気を付けるべきです。これらだけでも格好良く見えるコーディネートですが、手首に黒いブレスレットや、黒バンドの腕時計等を身に着けるのもおすすめです。

これもほんの少しのアクセントですが、全体の印象を良くするのに驚くほど高い効果があります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*