ファッションの色合わせは色の濃さと面積も考慮すべき

ファッションを楽しむ為には、コーディネートが上手になる事が一番の近道です。コーディネートが上手くなれば姿見で見る自分の姿に満足できますし、実際に他人からもファッションを高く評価されます。良いコーディネートは、色合わせが上手くて見栄えが良いものです。そこで、色の濃さと面積を意識できるようになれば、コーディネートを上達させる為の良い手助けになるでしょう。

一般的に、ファッションに使う色は3色までと言われています。実際に、沢山色を使った服を着ると子供っぽくなってしまい、オシャレには見えにくくなってしまいます。しかし、3色で抑えれば見栄えが良くなるかというと、これも間違いです。例えば、明るい黄色のスーツでは、格好良い見た目になりにくいでしょう。

では、黄色い服は着てはいけないのかというと、そうではありません。問題はいかにしてバランスを取るかです。全身を黄色くしては変な人になってしまいますが、面積を狭めてTシャツだけにすると意外に格好良くできます。黄色いシャツはいかにもカジュアルウェアという子供っぽい印象がありますから、その他のアイテムはフォーマルに近い物を選択すると良いでしょう。

例えば、ボトムスには黒いスラックスを穿き、靴も黒いスリッポンを合わせましょう。帽子も黒系統のハットを選択すると、フォーマルな中にカジュアルが混ざる良いバランスに近づきます。このように、色の濃さと面積とはコーディネートに大きな影響を与えるものです。フォーマル寄りの濃い色の面積を多くして、少しだけカジュアルな明るい色合いを小さくするすれば、堅苦しくも子供っぽくもないオシャレなコーディネートが作り易くなるでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*