夏のメンズファッション。Tシャツ姿を格好良くする

夏のメンズファッションの定番である、Tシャツ。シンプルなだけに着こなしが難しいと思われがちですが、簡単なポイントを押さえておけば十分、格好良く見せられるものです。Tシャツの選び方を変える、少し手を加える程度でも、夏のメンズファッションのレベルを高められるでしょう。まず、Tシャツを選ぶ方法です。

格好良く見えやすいTシャツのポイントとして袖の長さに注目するべきです。Tシャツは袖が短いのは当然ですが、僅かな長さの違いで腕の見え方が大きく異なり、全体の印象が変わります。基本的に袖は短いものが格好良く見えやすくなるものです。腕の露出が多い為、腕が長くスタイルが良く見えます。

次に、袖の太さにも注目しましょう。袖は細身の方が腕が太くたくましい印象を与え、これもスタイルが良く見えやすくなります。少し腕まくりをする事で同様の効果が得られますので、Tシャツを着こなす際の参考にすると良いでしょう。そして、意外に見落としがちなのが丈の長さです。

丈が短いと腰の位置がわかりやすく、胴長に見えやすくなってしまいます。腰の位置だと高すぎますし、脚の付け根まで行くと長すぎます。お尻にかぶさる程度のものを選びましょう。この他の大切なポイントとして、ネックの形状があります。

メンズファッション向けのTシャツの場合は、大きく分けてクルーネックと呼ばれる半円の物と、Vネックと呼ばれるV字型のものとの2種類があります。どちらを選んでも構いませんが、着こなしが簡単で誰でも格好良くしやすいのはクルーネックの方です。Vネックは胸元が露出しやすく、露骨な印象を与えかねません。V字が緩やかなものを選べば使いやすくなります。

Tシャツの選び方と着こなし方を少し変えるだけでも、印象は大きく違います。これらに加えて、腕にブレスレットや腕時計等を付けるのも有効です。寂しくなりがちな夏の着こなしの、良いアクセントになるでしょう。北大路駅で洋服お直しのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*