クリーニングの種類とその特徴について

季節の衣服や、自宅では洗いにくいものをクリーニングに出すことがあると思いますが、一口にクリーニングといってもさまざまな方法や種類があります。種類や方法を知っておくことで、洗いたいものに適したクリーニングを選ぶことができます。クリーニングには大きく分けてドライ、ランドリー、ウェット、特殊などの種類があります。ドライというのは石油系や塩素系の溶剤と界面活性剤を使用して衣類の汚れを落とす方法のことです。

水を使用しないため、色落ちや型崩れがしにくく、油汚れを落としやすいという特徴があります。しかし、水溶性の汚れは落ちにくいというデメリットもあります。ランドリーというのは、50℃~70℃の高温の水と洗剤を使用し、ワッシャーという専用の洗濯機を使って洗う方法です。ワイシャツやシーツなどのリネンに適した方法です。

ウェットというのは、「ドライ洗い○、水洗い×」という洗濯表示がある場合に行う洗い方で、ウールやシルクなどのドライマークのものに適した方法です。ドライで落とせなかった水溶性の汚れを落とすのにも適しています。特殊というのは、皮製品や着物などの特殊な製品に行われる方法です。それぞれの製品に合わせた特殊な方法で洗うため、それぞれの店舗によってその手法は異なります。

また、クリーニングを利用する場合には、どこに汚れがあるのか、どんなところに注意して洗ってほしいのかなど、自分の要望をきちんと伝えることが大切です。そうすれば、仕上がりもより納得のいくものになるはずです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*