作業服を着ることについて

作業服は工場や現場での仕事をする時に着用します。男性の現場仕事をするような時のものは動きやすく、ポケットなども多数ついていて、機能的になっています。器具などを使って作業をするような時にも体を守ってくれるようにやや厚めの素材で作られています。工場の仕事をする場合にも男女とも着用しますが、工場では匂いがついたりするため、やや厚めの素材で、また、体を覆い隠し、肌が出ないように夏でも長袖を着るところもあるか思われます。

作業服は作業をしやすいように、動きやすく作られていて、素材も伸縮性があるものであったり、火や熱から体を守ってくれるように厚めの素材だったり、また、水を使うような場合、濡れてもすぐ乾くような、速乾性の素材で作られいて、機能的に出来ています。作業服を着ずにTシャツと短パンなどだったら、火や熱を使う場合、もしも、事故などが起こったら火傷をしてしまったり、怪我をしてしまったりします。だから肌の部分が出ないよう、守ってくれる役割もしています。私服だったら汚れがついたりするのが気になってしまいますが、作業服を着ていたら、汚れがつこうが匂いがつこうが気にせず仕事に集中することができます。

会社で、クリーニングしてくれるようなところもありますが、自分で持って帰って洗濯してもこれらの服はすぐ乾きます。冬は防寒用のジャケットなども作業用のものがあり、同じく機能性に優れていて、仕事しやすくなっています。作業服専門の店もあります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*