ワークマンは作業服業界の最大手

ワークマンは日本全国におよそ700店舗あり、作業服など工場や土木向け用品の専門店で国内最大の売り上げを誇っています。ワークマンは一次産業や二次産業の作業服だけでなく、三次産業のニーズにも応えています。安全性が法律で定められた安全靴やヘルメット、安全ベルから、軍手や革手袋などの日常の消耗品も扱っています。品揃えが豊富で、7500アイテムをあります。

ワークマンの店舗はおよそ100坪とあまり大きくありませんが、購買頻度が高い商品を分かりやすく陳列しています。専門家が厳選したものを勧めています。また商品カタログが見やすいので、探している作業着がすぐに目に入ります。ワークマンの作業服は年代を問わず着られるものが多いです。

例えば雨の日でも快適に過ごせるレインウェアがあります。高い防水効果を発揮し、生地が厚いので摩擦に強いほか、軽くてムレにくいのが特徴で、梅雨時期に最適です。ファッション性も高いことから、外での作業のみならず、ゴルフや釣りといったアウトドアでも役立ちます。その他にも作業用の手袋や白衣などがあり、オンラインショップも利用することができます。

またワークマンでは加盟店経営者を募集しており、研修を受けたら個人がオーナーになれます。より多くの人に優れた製品を使ってもらうために、積極的に出店しています。出店はニーズが高いところ、人が多く集まるところを原則として選び、必ず繁盛する店を目指しています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*